ゼネコン倒産、南の島移住、宮崎帰郷、転職8回、メラノーマ(悪性黒色腫:10万人に1人のガン)闘病中、職場復帰、何度転んでも立ち上がる56歳のおとうさんです!死を覚悟してからは強くなった。みんなで楽しく生きよう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 朝晩冷え込んできましたね。

 新規介護保険利用者が続々と増えてきました。

 「認知症」の方の増加率が高いような気がします。

 ・・・・・・・・・私も、短期記憶がなくなったり、・・・

 ・・・・・・・・人の名前が思い出せなくなったり、と

      自分自身が、 大変ですが、(苦笑)

 能力低下部分を早朝出勤でカバーしているところです。

 朝、4時半起床、・・・6時には職場に着いてます。

 9時の始業までの3時間、静寂の中で必死に書類作成をしてますよ。

 ・・・仕事が多すぎる~! 研修も多すぎる~!

 ケアマネのサービス残業は・・・「ボランティア」といわれています。

 文句言ってても仕方ないので、働きます。

 57歳で仕事する、ということは・・・・もう、ターイへーん!

 そこで久しぶりの一句

      秋深し・・・・・・

          ワタシは・・・・・・

              なにをする人ぞ・・・・


    いつも応援ありがとうございます。  
     
    
スポンサーサイト

【2016/11/05 08:44】 | ケアマネ
トラックバック(0) |

★ごきげんよう★
ボス。
身体に気をつけてください!!


コメントを閉じる▲
 夏が終わり、秋、・・・・と思えば暑かったり、寒かったりで、

 体調不良の利用者さんたちが増えています。

 食欲不振で点滴・・・さらに入院して・・・鼻腔栄養・・・

 以前から“お迎え”を切望されていたオジイサンは希望が叶い、

 肺炎を併発して苦しんでいたオジイサンも苦しみのない穏やかな世界へ旅立たれました、

 ・・・・・お通夜のハシゴになりました!!合掌・・・

 一方、わがままなバアちゃんは、娘の作った、冷えたご飯がいやで抗議のハンスト!デイのメシもマズイとハンスト、自分では作りません(作れるのに・・・)

 医療特指示で2週間点滴を訪問看護で受け、

 さらに「入院した~い!」と入院。

 病名は・・・「食欲不振」でした。・・・病気ではありません。

 病院のSW(ソーシャルワーカー)に私が呼ばれ、・・・

 「入院した日から、食事は全量摂取されてます。体調も戻り点滴も必要ありません。治療はないので、いつでも退院できます。」

 ・・・・・・・・・病室へ行き、面接すると、・・・・

 「ここの食事は美味し~よ!あと1ヶ月はいたいねぇ~」だと、

 このクソババア~!(失礼)

 ケアマネは、御用聞きではありません。

 また、医療も介護も、わがままさせる余裕はありませんよ。


  私よりも元気な利用者ジジ・ババが大勢います。

     病気で貧乏な私が、なんで面倒見なくちゃいけないの?

     年金支給年齢引き下げろ!って、(厚労省はウソばっかじゃがね)

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・  

       

 

 

【2016/10/22 08:56】 | ケアマネ
トラックバック(0) |

★ごきげんよう★
ボス。
次男嫁さんが、介護の世界に戻って、半年以上が経ちました!
今の施設では新人なので、お風呂介助が多いようです。
大変そう。。。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
今や、一億総無責任時代に入ったのかな?

どんな悪事が発覚しても責任者が不在ですね。

 ・・・・ま、時間が経てば何でも風化しますから、忘却頼みなんでしょうね。

国内外のニュースを見聞きすると 私が不穏になりそうだったので

しばらく隠居していました(苦笑)。

昨日は、ルーク爺様の散歩して、墓参りに行き、実家の母を訪ね、施設の父に面会し、買い物して、ランチュー水槽の水換えをし、

腹筋20回でへたばりながらも、豆乳を飲んで(笑)健康祈願しながら平穏な一日を過ごしました。

ルーク爺様も14歳になり、尿漏れや残尿で「要介護1」レベルですかね?

身の回りだけでも介護だらけで「介護離職」したくなる、今日この頃です。

 ・・・・・・・・・・・・ちょっとボヤキ、・・・大丈夫!、また明日から仕事がんばります!

   
  (あら、絵文字が出ない)
   いつも応援ありがとうございます!


【2016/09/25 08:16】 | ケアマネ
トラックバック(0) |

ごきげんよう。
ボス。
がはははははー!
動いたね~!!

やっぱり! 絵文字出ない!?

コメントを閉じる▲
今週、こんなことがありました。

87歳ジイちゃん、脳梗塞片麻痺、要介護4、元漁師・・・

私が訪問すると、慎ましい80代の奥さんが笑顔で迎えてくれて、

ジイちゃんは、少しはにかむように、

 「おお、あんたか・・・・・・・・・・・・・・・

  おれはなぁ、あんたを見るとなぁ、・・・・・

  なんていうかなぁ、・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ・・・心が・・・とても・・・気持ちよくなるとよなぁ、

  あんたは、良い人か 悪い人かわからんがなぁ、

  ・・・・・・・不思議じゃなぁ、」


 と、涙目の微妙な笑顔になってました。

 隣の奥さんも、突然の夫の言葉に、笑い泣きしてました・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私 「そんなこと言われたら、うれしいじゃないですかぁ!」

 手を取り合って、ずっと握手してました。


 居宅介護支援はとても大変ですが、こんなこともあります。

 お互いが感謝しあえる人間関係てステキですね。


  いつも応援ありがとうございます!  




 

【2016/05/14 09:05】 | ケアマネ
トラックバック(0) |

ごきげんよう。
ボス。
善い人だよ💛

コメントを閉じる▲
 厚労省の皆様へ、

 自治体に指示するのではなく、

 自ら、現場を実地指導してくださいね、

 事件は、現場で起こっています。

 その原因究明も、自ら実施なさいませ。

 なぜなら、保険者は市町村長であり、アナタの犬ですもんね、

 指示した、厚労省の無責任感情ですよ、アナタ!

 ・・・介護保険の破綻を予測できなかった、おバカなアナタ達、

 無届け施設を容認して頼って送り込んでいるのも、アナタ達です。

 介護保険の改正(改悪)を暴いて差し上げますから。

 いつでもいらっしゃいませ。

 

【2016/03/07 21:16】 | ケアマネ
トラックバック(0) |

!!
ボス。
次男嫁さまが出産までいた施設は、
関東はもちろん、チョイト離れた地方の方でも、
バンバン入所させていました。
深夜に救急が有った時の慌て様は、そりゃーもー(怒
嫁さまは夜勤こそしていませんでしたが、家と勤務施設が近かったので、
『応援!』という名の、強制サービス業務をやらされていました。
入社してくるスタッフは、リストラされた中年以上の人が多く、
もちろん未経験者です。。




ふうと
こんばんは。

この記事、今朝の朝刊で読みました。

生活相談員と計画作成担当者が兼務可能で100対1で、職員配置も介護・看護の合計で、常勤換算3対1(他にもいくつかありますが)という基準で、安全を守れるという基準をつくっているのは厚労省ですよね。80床の規模だと、前年度実績が80名だとしても、管理者1名、生活相談員とケアマネ兼務で1名、看護師は機能訓練指導員を兼務し2名、介護職員は常勤換算26名で、安全に介護をできるんだ!と厚労省が主張していることになります。

やってみろと言いたくなりますね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。