FC2ブログ
 ゼネコン倒産、南の島移住、宮崎帰郷、転職8回、メラノーマ(悪性黒色腫:10万人に1人のガン)闘病中、職場復帰、何度転んでも立ち上がる59歳のおとうさんです!死はいつ来るかわかりません。みんなで楽しく生きよう!
K様、ご無沙汰しております。

本日は、ご主人の御御足不自由ななか、また奥様も体調不良の中、私を気遣っていただきマンションまで訪問いただき、で管理人さんへメモを渡していただきありがとうございました。

ちょうど外出しておりまして何もおかまいできなく申し訳ございませんでした。

私は、体調をくずし「焦燥型うつ病」と「ストレスによる不眠症」の診断で急遽退職することになりました。

引き継ぎもできず、ご挨拶もままならぬ状態でしたので黙って職場を去ることになり、職場の携帯や個人情報もすべて返却してしまいましたので、住所も電話番号も分からなくなっておりますので、この場をお借りしてお詫びと今までの感謝を書かせていただきます。

御夫妻との信頼関係も深まり、ご主人様の体調も良くなりかけていたところでの退社は誠に申し訳ございませんでした。ケアマネとしては失格ですね。

御利用者様40人とそのご家族様や医療・福祉事業所との連携・調整等で、私は心身ともに疲弊しておりました。

朝になると腹痛や頭痛、嘔気、下痢、めまい、だるさ、瞬間的失神などの症状が出るようになり、メンタルクリニックで「すぐに仕事は辞めたほうが良いですよ、命にかかわります。」といわれ、診断書をかいてもらい退職して自宅療養することになりました。

今は2週ごとにクリニックに通い、服薬の調整をしております。

しばらくは自宅療養して自分の健康をとりもどし、元気になったら、またあらためて笑顔で挨拶に行けるようになれるといいなぁ、と思っております。

本日は本当に申し訳ございませんでした。とともにお二人の善意に感謝し、またお元気にお暮らしいただけますよう祈っております。

            かしこ、    yossy610より



スポンサーサイト




【2019/11/21 01:45】 | ケアマネ
トラックバック(0) |
 いろいろありまして、・・・・

 自己都合により、10月で職場を退職いたしました。

 60歳の定年と思って、しばらく療養生活を送りたいと思います。

 気力・体力が復活できたら、また新しいことを始めようとは思いますが、

 しばらくのあいだ、休憩させていただきます。

 ブログは続けますよ!

  いつも応援ありがとうございます! 


【2019/11/03 03:07】 | ケアマネ
トラックバック(0) |

お疲れさまでした。
ボス。
そっかぁ!
人生いろいろあるよ。
イイじゃん!!

お疲れ様
花ちゃん
少し休んで又、何かにtry!
じじ臭くならないでね。


さとし
お疲れ様でした。

新たな挑戦を楽しみにしています。

コメントを閉じる▲
E子さん75歳、一人暮らし。脳血管性認知症になり、

短期記憶がなくなりました・・・

別居の長女は心配で心配でたまりませんので、「何で覚えてないのよ、おととい来たでしょ、買い物も私がしてきたから冷蔵庫に食べ物があるんでしょ!。孫のマー君も一緒にきたでしょ?」

E子さん、「そうだったかしら・・・」叱られてばかりで黙ってしまいました。

yossy 「マー君は良いお孫さんですか?」

E子さん、「そりゃ、もうとても優しい子ですよ。何歳だったかしらね。忘れたけど、いつも優しいのよ。昔からねぇ。」

yossy 「長女さんは怖いですか?」

E子さん、「もう怖くて怖くて、いつも叱られてばかりで、私は何も言えなくなるのよ。」

yossy 「そうですね、長女さんはいつも叱ってばかりで怖くて何もしゃべれませんねぇ。ハハハ!」

あえて長女さんを悪者扱いし、E子さんと長女の悪口を言い合いました。長女さんは後ろで聞いていました。

次から次に、長女の悪口が飛び出してきてみんなで大笑いしました。E子さんも大きな声で笑いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅したあとで、長女さんからメールがきました。

「わざわざ実家にきていただきありがとうございました。昔は話し好きだった母ですが、認知症になってからは一切話さなくなりました。それが今日はyossyさんと一緒に大声で話したり、笑ったりしているのを久しぶりに見てとても嬉しかったです。今後ともよろしくお願いします。」

返信しました:「どんな小さなことでも褒めてあげてください。叱ることは厳禁でお願いします。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

認知症の方は、嫌な思い出は残り、とりつくろうとします。良い思い出は記憶には残りませんが、良い人だ、との印象は残ります。

認知症の人を叱ってはいけませんね!


 いつも応援ありがとうございます! 





【2019/10/05 06:24】 | ケアマネ
トラックバック(0) |

おはようございます。
ボス。
母の介護をしていた頃を思い出します。
そうなんですよね、叱っちゃ駄目なんですよね。。

コメントを閉じる▲
食道がん末期のトボけたオジイチャン 91歳。

2か月前から口から食べられなくなりました。

在宅で看取る予定でしたが、家族の切ない希望で1か月前に老健に入所しました、

入所すると、私は居宅ケアマネですから役割は終わりです。

施設ケアマネから点滴だけでも元気にジョークを言いながらトイレも歩いて行かれて、

施設の人気者ですよ、と報告され、良かった良かったと喜んでいました。

本日、たまたま施設を訪問し見舞いに行きました・・・・

案内されたナースから、「先日、急性脳梗塞で麻痺になりました。yossyさんが分かるかどうか・・・」

それでも、6年間連れ添ったオジイチャンのことだから、きっと目を覚まして、

「ああ、天皇陛下ですね!」といつものジョークを言ってくれるものだと信じていました・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会っても見分けがつかないくらいやせ衰えて、意識もなく、別人のように顔が変わっていました。

何度も声かけし、手を握りました・・・・

なんの反応もありませんでした。

・・・・・心の中でつぶやきました。

「今日でお別れですね、ありがとうございました・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

切ない金曜日になりました・・・・


 いつも応援ありがとうございます! 




【2019/09/28 03:01】 | ケアマネ
トラックバック(0) |
 91歳のオバアチャン、Aさん、持病リューマチ。年相応の認知。歩行器で自立歩行、介護1。

 亡き夫の財産と遺族年金で、宮崎ではトップクラスの住宅型有料老人ホームに入っていらっしゃいます。

 高級ホテル並みの居室にレストランやラウンジ、ジムやカラオケルームまで完備!

 一般の人は決して入れない施設ですネ(高嶺の花)。

 スタッフもみな教育が行き届き、まるでホテルマン。

 私が担当して3年たちました。その間転倒による骨折などで3回入院。

 本日、敬老祝いの粗品(タオル)持参で訪問しましたよ。

 Aさん「あらyossyさん、来てくれたのね、電話もらってから楽しみにしてたのよ、椅子と印鑑を用意しときましたから入って入ってちょうだい!」

  とても嬉しそうに迎えてくれました。

Aさん「あたしゃね、みなさんからは幸せなオバアチャンって言われるけど、ちっとも幸せを感じないのよね、」

 「スタッフの人たちはみんな親切で笑顔で接してくれるけど、とっても忙しいみたい。三食もレストランでいただくけどいつも1人ぼっちなの。子供ができなかったから姪っ子だけが訪ねてくれるけどいつも仕事帰りで夕食中に5分顔だしてくれるだけなのよ。」

 「リューマチで指はどんどん曲がってくるし服にも引っかかって痛いのよ。足のムクミもね、見てちょうだいこんなに腫れてズキズキするの・・・・・」とめどもなく私に話しかけてきます・・・・

私、「Aさん、大丈夫ですよ。歩けるし、行きたいところへもタクシーでいけるし、食事も美味しいでしょ、ただいろいろ痛みがあるのはきついですよね。世の中には同じ年でも動けない人や、自分で食べられない人も大勢います。自分で考えて行動できることは最高の幸せですよ。」

Aさん「そうですかね、やはりそうでしょうね、私は話し相手が欲しかったんですよ。だからyossyさんが毎月来てくれてお話を聞いてくれるのが一番の楽しみなんんです。これからも私を見捨てないでね!頼りにしてるんですから!」

・・・同じ話を聞くこと1時間・・・自分を知ってもらいたい、悩みを聞いてほしい、孤独なオバアチャン。

最後に、「yossyさんだけが私の話を一番聞いてくれるんです。他に誰もいません。長い時間とらせてごめんなさいね、また、来てちょうだいね!楽しみに待っていますよ。」

・・・・・・ケアマネは笑顔で黙って相手の話を聞き続ける、それだけでいいんです。

 ・・・忍耐はいりますけどね(笑)

さて、今週もさわやかな気持ちで金曜日が終了しました!

さぁ、週末の3連休だぁ~! 家に帰って女房に今週のグチを聞いてもらおうっと!

 聞いてくれる人がいるってイイことですねぇ!


 いつも応援ありがとうございます! 

  

 

【2019/09/21 05:02】 | ケアマネ
トラックバック(0) |

ごきげんよう。
ボス。
以前、傾聴ボランティアをしたことがありますが、
お疲れさまでした!!

コメントを閉じる▲